ウォータースタンド 比較

ウォータースタンドとクールクーと楽水を比較してみた

ウォータースタンドは定額料金で使えて、宅配水のウォーターサーバーよりも安く使えます。

 

 

今はウォータースタンド以外にも水道直結のウォーターサーバーってありますよね?

 

 

 

 

でも、、、

 

 

 

 

 

結局どこがイチバン安くて便利?

 

 

ウォータースタンドと他社はどれが安い?

(特に安さは一番大事だし!)

 

 

 

 

 

宅配水のウォーターサーバーなら比較はたくさんあるけど、水道直結の比較はみたことないんですよね。

 

 

 

そこで、ウォータースタンドと他社水道直結のクールクーと楽水を比較してみました。

 

 

 

水道直結ウォーターサーバーを検討しているなら、要チェックですよ。

 

 

 

 

 

 

ウォータースタンドとクールクー&楽水のスペック比較

ウォータースタンドとクールクー&楽水の比較

 

 

まずは、ウォータースタンドとクールクー、楽水のスペックから見ていきましょう。

 

 

 

【水道直結型ウォーターサーバーの性能比較】

サーバー名

ウォータースタンド

(ナノラピア・ネオ)

ウォータースタンド

(プレミアムラピア・S2)

クールクー

楽水

月額利用料

3980円

(長得3500円)

5280円

(長得4800円)

4200円

3500円

(RO+1000円)

ろ過フィルター

ナノトラップ

逆浸透膜

(RO)

逆浸透膜

(RO)

中空糸膜

(オプション:RO有)

除去率

99.5%

99.9%

99.9%

未公開

温水・冷水

常温水

×

契約期間

なし

なし

3年

3年

早期解約金

0円

0円

20000円

残契約月数×レンタル料の40%

撤去費用

1年未満1万円。1年以降0円。

1年未満1万円。1年以降0円。

18000円

撤去費用+返却送料は実費

 

※税別表記

 

 

 

楽水に関しては除去率の記載はありませんが、0.1ミクロンのウルトラ(中空糸膜)フィルターを搭載しているため、下図でいうとB型肝炎ウィルスやアスベストを除去できるレベルでしょう。

 

 

 

【水道直結型ウォーターサーバーのフィルター比較】

 

ウォータースタンドと他社フィルターの比較

 

 

 

 

ただ、3社とも逆浸透膜フィルターの利用が可能なので、日常使うレベルであれば3社ともほぼスペックは同じと言えます。

 

 

【クールクーの特徴】

クールクー

 

  • 月額4,200円(税別)
  • RO(逆浸透膜)フィルター標準搭載
  • 自動クリーン機能搭載
  • 放射性物質除去可能
  • 初回設置費用(18,000円)無料キャンペーンあり
  • 年1回の有人メンテナンス無料
  • 年1回のフィルター交換無料

 

クールクーを詳しく解説しているサイトを見に行く⇒

 

 

【楽水の特徴】

楽水

 

  • クリーン加熱殺菌機能搭載
  • ECOモード搭載
  • カートリッジ交換年2回無料
  • 温水・冷水・常温水の利用可能
  • 給水タンク式サーバーあり
  • オプションでROフィルター利用可(+1000円)

 

楽水を詳しく解説しているサイトを見に行く⇒

 

 

 

でも、この中ではウォータースタンドと楽水が、クールクーより一歩抜きんでている項目があります。

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 


比較するとウォータースタンドと楽水が抜きんでている理由

ウォータースタンドと楽水がいい理由

 

 

クールクーにはなくてウォータースタンドと楽水にはあるもの、それは「常温水」です。

 

 

 

常温のお水は約20〜35℃の水温(室温と同じくらい)。

 

 

ウォータースタンドと楽水にはクールクーにはない、その常温水を出すことができます。

 

 

 

 

常温水が出るくらいでそんなに変わらないんじゃ・・・?

 

 

 

と思ったあなたにお伝えしたいのは、常温水には冷水にはない良い効果が見込めるということ。

 

 

 

 

  • 胃腸への負担が少ない
  • 老廃物の排出を促しダイエットにいい
  • 体温を下げない
  • 赤ちゃんのミルクに使いやすい

 

 

常温水にはこのようなメリットがあるんです。

 

 

 

 

 

常温水は胃腸への負担が少ない

常温水は胃腸に優しい

 

水分は体にとって大切なモノ。ただ、飲む水の温度まで気をつかっている人は意外と多くありません。

 

 

 

水分補給という点では、冷たい水でもいいですが・・

 

 

 

でも、冷たい水って胃や腸に負担がかかってしまうのを知っていますか?

 

 

 

血管が収縮して内臓器官の機能も低下してしまうので、逆に便が出にくくなってしまうこともあるんです。

 

 

 

便秘解消のために水を飲んでるけど解消しないっていう人は、「冷たい水」を摂っているケースが多いんですね。

 

 

 

 

 

常温水は老廃物の排出を促しダイエットに効果的

常温水はダイエットに効果的

 

冷たい水ではなく常温水を飲むことでダイエットにいいと言われています。

 

 

それは、常温水であれば胃や腸に負担をかけずに働きがよくなり、老廃物の排出されやすくなります

 

 

ダイエットにもいいと言われているのは”常温の”水です。

 

 

 

 

 

常温水は体温を下げない

常温水は体温を下げない

 

健康のために飲んでいる水が冷たいと、かえって体調が悪くなったり逆効果になることもあります。

 

 

冷たい水は体を内部から冷やしてしまうからです。

 

 

 

なので、夏でも手足が冷たかったり冬はどんなに着込んでもブルブル震えていたり。

 

 

 

常温水は体を冷やさずにしっかりと全身に染み渡るので、健康的な水分補給ができます。

 

 

 

 

これらのメリットから、最近はコンビニでも冷たい水の他に常温の水を置いている店舗が増えているくらいなんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

さらに、赤ちゃんをお持ちのママパパには子育てが少し楽になるこんな嬉しいことも。

 

 

 

 

赤ちゃんのミルクに使いやすい

常温水は赤ちゃんのミルクが作りやすい

 

赤ちゃんのミルクにウォーターサーバーをつかっているご家庭は多いです。

 

 

温水も冷水もサーバーから出てくるし、調乳もラクだよねってことで。

 

 

 

でも、85〜90℃の温水と4〜6℃の冷水を混ぜて人肌にするのは、調整が難しいんです。

 

 

成長に伴って1度に飲むミルクの量も変わるため、何対何の割合で入れたらいいかが分かり辛い。

 

 

 

 

常温水が出るサーバーであれば温水と常温水の割合を1対1に注ぐだけで、だいたい人肌になっちゃうんですね。

 

 

手の甲で温度を確認したら、サッと赤ちゃんに飲ませてあげられるのでママパパからの嬉しい声は多いです。

 

 

 

ウォータースタンドが赤ちゃんのミルク作りに最適な理由について詳しい記事はこちら⇒

 

 

 

 

 

 

常温水が出るだけで、このように健康的でちょっと楽になる生活が送れるんです。

 

 

 

これからは温水・冷水だけじゃなく、常温水が出るサーバーが増えていくのは確実ですよ。

 

 

 

 

 

では、ウォータースタンドと楽水ではどっちがいいかというと・・・

 

 

 

最終的にはウォータースタンドが一番のおすすめです。

 

 

 

 

 


水道直結型を比較して、最終的にウォータースタンドをイチ押しする理由

【ウォータースタンドの特徴】

ウォータースタンドがお勧めの理由

・月々3,000円〜
・初回設置費用無料
・6ヶ月に1回の有人メンテナンス無料
・1年以降、サーバー変更可能(無料)
・最低利用期間なし
・RO(逆浸透膜)フィルター搭載機あり

 

 

ウォータースタンドやクールクー、楽水は水道直結型のウォーターサーバーなので、宅配水よりメリットがあるのは同じ。

 

 

 

それでもウォータースタンドを一番におすすめする理由は、いい意味で契約条件が甘いからです。

 

 

 

色々と比較してきましたけど、ここに集約されるといってもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

ウォータースタンドは解約しやすい!

 

 

解約しやすいっていうと語弊があるんですけど、解約の条件が厳しくないのは確か。

 

 

3社の中でウォータースタンドがイチバン契約の縛りがゆるく、解約時の手数料が安く済むのが大きいです。

 

 

 

【水道直結ウォーターサーバー各社の解約に関する条件】

ウォータースタンド 最低利用期間なし。1年未満の解約の場合、撤去費用10,000円。1年以上経過していれば解約金も撤去費用もなし。
クールクー 最低利用期間3年。3年未満で解約の場合には早期解約手数料20,000円と撤去費用18,000円。
楽水 最低利用期間3年。3年未満の解約の場合、残り契約月数×レンタル料の40%の解約金が発生。また、サーバー撤去費用とサーバ返却送料は利用者の負担。

※税別表記

 

 

 

 

なので、仮にで計算すると次の通りになります。

 

 

 

 

水道直結ウォーターサーバーを解約した時にかかる料金イメージ

 

【11ヶ月で解約した場合】

ウォータースタンド 計10,000円(解約金0円+撤去費用10,000円)
クールクー 計38,000円(解約金20,000円+撤去費用18,000円)
楽水 計55,000円程度(解約金3500円×25ヶ月×0.4=35,000円+サーバー撤去費用+サーバー返却送料)

※税別表記

 

 

【12ヶ月で解約した場合】

ウォータースタンド 計0円(解約金・撤去費用ともに0円)
クールクー 計38,000円(解約金20,000円+撤去費用18,000円)
楽水 計55,000円程度(解約金3500円×24ヶ月×0.4=33,600円+サーバー撤去費用+サーバー返却送料)

※税別表記

 

 

【24か月で解約した場合】

ウォータースタンド 計0円(解約金・撤去費用ともに0円)
クールクー 計38,000円(解約金20,000円+撤去費用18,000円)
楽水 計37,000円程度(解約金3500円×12ヶ月×0.4=16,800円+サーバー撤去費用+サーバー返却送料)

※税別表記

 

 

【36ヶ月以降に解約した場合】

ウォータースタンド 計0円(解約金・撤去費用ともに0円)
クールクー 計18,000円(解約金0円+撤去費用18,000円)
楽水 計20,000円程度(解約金0円+サーバー撤去費用+サーバー返却送料)

※税別表記

 

 

 

 

いかがでしょうか?契約しやすさなら、ウォータースタンドがいいと思いませんか?

 

 

 

水道直結のウォーターサーバーとしては、クールクー、楽水ともに浄水能力や性能ははとても高いです。

 

 

 

 

ただ、「3年はちょっと長い」っていうのが決定打。

 

 

 

 

 

さらに撤去の費用まで考えると、ウォータースタンドがイチ押しで間違いないです。

 

 

 

 

1点だけウォータースタンドにデメリットがあるとすれば、今のところ関東地方にしか提供できないこと位です。

 

 

 

逆に言えば関東地方に住んでいれば、ウォータースタンドはホントにおすすめ!

 

 

 

 

もしウォータースタンドの利用できる地域にお住まいであれば、下記より詳細を確認しておかないともったいないですよ。

 

 

 

水道直結ウォーターサーバーの中でも圧倒的に利用しやすい【ウォータースタンド】の詳細はコチラ⇒

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加