ウォータースタンド 電気代

ウォータースタンドは電気代を含めても節約になることが多い!

ウォータースタンドは節約になる

 

 

ウォータースタンドは飲み放題の定額料金ですが、利用する際には他にもかかる費用があるのを知っていますか?

 

 

 

それは、電気代と水代

 

 

 

定額料金は安くても「電気代が高い」なんてことになれば、トータル金額で高くなってしまうなんてこともあるわけです。

 

 

 

 

口コミでは、

 

ウォータースタンドに変えていくら飲んでも定額制なので助かっています。毎月半分以下くらいに節約できたいると思います。もっと早くに知りたかったです。

 

 

など料金メリットに関する意見が多いので全体的には安くなりますが、実際のところウォータースタンドの電気代だけで見るとどうなんでしょう?

 

 

 

一緒に見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 


ウォータースタンドの電気代は具体的にいくらかかる?

 

 

ウォータースタンドの電気代は月額で約500〜700円かかります。

 

 

ウォータースタンドの電気料金

 

 

 

 

ちなみにこれは、ウォータースタンドの一番人気のナノラピア ネオの1ヶ月料金で、他機種については公式サイトには載っていませんでした。

 

 

 

ナノラピア2なんかは温水機能がついていない(冷水、常温水のみ)ので問い合わせてみたところ、ナノラピア ネオよりも多少電気代が下がるという事でしたが明確には公開していないとのことでした。

 

 

 

 

 

 

 

そして電気代を聞いたあとに、オペレーターさんから驚くべき一言が!

 

 

 

電気代のかからないサーバーもあるんですよ♪


 

 

 

 

 

えぇっ、電気代がかからないなんてあるの!?

 

 

僕、とっても興味あるんですけど?

 

 

 

 

 

 

 

ウォータースタンドには電気代無料の機種がある!?

 

 

詳しく聞いたところ、プレミアムラピア ネオス2とナノラピア メイトの2機種は常温水のみなので、電気代がかからないということ。

 

 

 

 

 

確かに公式サイトには「コンセント不要」の文字の記載がありました。

 

 

ウォータースタンドのコンセント不要サーバー

 

 

そういうことかー、ナットク。

 

 

 

 

 

 

 

最近は健康志向のお客様が多く、常温水を好まれる方は多いんですよ。


 

 

 

冷水は胃や腸に負担がかかるっていうし、常温水は老廃物の排出を促してダイエットにいいって聞くからなー。

 

 

常温水だけのサーバーって意外と需要もありそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社一番人気のナノラピア ネオでも、温水と常温水のみを利用しておられるお客様もいらっしゃるほどです。
私も常温水を飲むようになって体の調子が良くなったと感じていますのでおすすめですよ。


 

 

 

オペレーターさんも常温水派だったたなんて。すごいな、常温水人気。

 

 

 

電気代を無料にするという選択肢もあり、ってことです。

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、やっぱり一番使われている機種は「ナノラピア ネオ」なので、月に700円くらい見ておけばいいということ。

 

 

 

では月700円の電気代というのはウォーターサーバーとして高いのかな?というのが疑問に思いますね。

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

ウォータースタンドと宅配型ウォーターサーバーの電気代の比較

ウォータースタンドと宅配型の電気代比較

 

 

宅配型ウォーターサーバーの場合、通常タイプのサーバーの電気代は月800〜1000円前後。

 

 

最近増えている省エネタイプのサーバーなら月350円〜500円程度で済みます。

 

 

 

 

なので、ウォータースタンドの電気代は決してバカ高いことはありませんが、宅配水のウォータースタンドと比較すると最大で350円ほど高くなるのは事実。

 

 

 

電気代だけを見れば宅配型のウォーターサーバーの方がお得ということですね。

 

 

 

 

ちなみにわが家では実際にウォータースタンドを使っているので、電気代の変化を紹介しますね。

 

 

 

 

わが家でウォータースタンドを設置した後の電気代

 

 

わが家で使っているウォータースタンド

 

 

わが家でウォータースタンドを使い始めてから、

 

 

  • コックを押すだけで冷水が飲める
  • お米を炊くとツヤが出て甘みが増して食欲がわく
  • 温水でパスタやレトルトがすぐに食べられる

 

 

と、生活が便利になって手間も減りました。

 

 

 

 

 

そして、電気代がどう変化したかというと、、、

 

 

ウォータースタンド利用開始前と後の電気代

 

 

 

ちょっと、見づらいですが、9月は7,503円、10月は5,831円と2割以上も電気代が安くなっているのが分かります。

 

 

 

 

ウォータースタンドに変えただけで電気代が下がったわけではありませんが、特に節電を意識しているわけでもありませんし電気の使い方はほとんど変わりません。

 

 

 

 

 

  • 電気ポットを使わなくなった
  • 冷水を飲むために冷蔵庫の明け閉めがなくなった

 

 

そういった間接的に電気代が節約できている部分もあるのではないかと思っています。

 

 

 

少なくとも『ウォータースタンドでボッコリ電気代が上がるなんてことはない』ので安心してくださいね。

 

 

 

 

 

 

じゃ宅配型ウォーターサーバーの方がいいかというと、そう単純でもないのが他にかかる料金面。

 

 

 

 

 

ウォーターサーバーは水代まで含めた1ヶ月のトータル金額を考えるべき

 

電気代はウォーターサーバーを利用する費用の内の一部。

 

 

 

料金トータルで考えると、冒頭で紹介したように水代も計算に入れる必要があります。

 

なので、ちょっと計算してみましょう。

 

 

 

 

ウォーターサーバーはトータル金額を考える

 

 

 

 

 

 

 

 

矢印1ヶ月に水を300リットル使用する場合

 

 

宅配水ウォーターサーバー
  • 300リットル÷12リットル(1ボトル)=25本。
  • 宅配水が安いウォーターサーバーで1ボトル1,800〜1,900円位なので、25本×1,800円=45,000円。
  • 電気代が350円をプラスすると45,000円+350円。
  • 月々45,350円かかる計算。
ウォータースタンド

【ナノラピア ネオの場合】

  • 月額3,980円+電気代700円=4,680円
  • 水代は東京23区内の水道料金の平均(約0.2円)で考えると、300リットル×約0.2円=約60円。
  • トータルでは、4,680円+60円=4,740円。

 

 

 

4人家族で1ヶ月に必要な水の量がだいたい300リットルと言われています。

 

 

その数値をもとに計算すると、ウォータースタンドにするだけで40,610円もお得になるということです。

 

 

 

 

 

ただし、月300リットルの使用は現実的ではありません。

 

 

 

というのも、宅配水のウォーターサーバーは使えば使うだけ料金が高くなるので、飲み水以外の炊飯や料理には水道水を使っているからです。

 

 

 

 

そこで現実的に考えてみて、月に4本利用と仮定して再計算してみましょう。週1本ペースです。

 

 

するとどうなるでしょう?

 

 

 

 

 

 

矢印1ヶ月に水を48リットル(4本)使用する場合

 

 

宅配水ウォーターサーバー
  • 4本×1,800円=7,200円。
  • 電気代350円をプラスすると7,200円+350円=7,550円。
ウォータースタンド
  • 月額3,980円+電気代700円=4,680円。
  • 水代48リットル×約0.2円=約10円。
  • 合計で4,680円+10円=4,690円になる。

 

 

 

ウォーターサーバーと比較すると7,550円−4,690円=2,860円になるので、週に1本ペースだとしてもウォータースタンドの方が2,860円お得になります。

 

 

 

トータル料金で見れば、やっぱりウォータースタンドの方が安いという結果が明確になりました。

 

 

 

 

 

 

ウォータースタンドの料金メリット以上に嬉しいこと

ウォータースタンドの嬉しいこと

 

 

電気代は毎月かかる必要経費なので負担は増えると思いがちですが、ウォータースタンドで単純に家計の費用が加算されるわけではありません。

 

 

 

 

というのも、あなたのお宅でも電気ポットは使っていますよね?

 

 

その電気ポットの電気代は1ヶ月で約810円(1日約27円)になるんです。

 

 

なので、その代わりにウォータースタンドを置くと考えれば負担が増えるわけではありません。

 

 

 

 

 

 

また、サーバー料金だけで見ると宅配水の省エネタイプのサーバーの方が電気代は安く済みます。

 

 

しかし先ほどシミュレーションしたように、月にかかるトータル金額ではウォータースタンドの方が安くなることは見ていただいた通りです。

 

 

なので、料金メリットは大きい。

 

 

 

 

 

さらに僕が声を大にして言いたい事は、

 

 

「ウォータースタンドに替えるメリットは料金だけじゃない!」

 

 

ということです。

 

 

 

 

 

水代を気にせず使い放題で使えるようになると、

 

  • 野菜を洗うとき
  • お米を研ぐとき
  • パスタやうどんをゆでるとき
  • お味噌汁やスープを作るとき
  • 冬にあったかいお鍋をつくるとき

 

 

など、これまで我慢していた炊飯や料理すべてに浄水した水を使えるようになります。

 

 

 

 

ウォータースタンドの利用を始めているご家庭からは「料理やご飯が美味しくなった!」という喜びの声も多いです。

 

 

 

 

目に見えない料金以上のメリットがあり、そのうえで宅配水より安くなるウォータースタンドを利用しない理由はないと思いますよ。

 

 

 

 

月々の節約しながらおいしい水生活を始められるウォータースタンドを検討しているなら、公式サイトよりご確認ください。

 

 

料金以外のメリットも大きい【ウォータースタンド】の詳細を確認する⇒

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加